マイナスイメージ対策

タブレットとキーボード

企業のイメージを多くの人に知らせる手段である広告の映像制作は東京にあるこちらに任せましょう。企業の規模やジャンル問わず臨機応変に対応します。

ホームページ作成を岡山で行なっているのがこちらの業者です。プロならではの技術と知識で、素人には真似できないクオリティに仕上げてくれます!

昔と現在の風評被害の傾向

昔、インターネットがまだなかった時代は、口コミ、うわさといったメディアが風評被害の原因となっていました。かつては大規模企業が主な風評被害のターゲットであり、シェアの度合いやその企業が出している製品の有名度などにより、風評被害のダメージの大きさが変わっていたようです。 しかし、今はインターネットが発達している時代です。昔とは違い、大規模企業のみならず中小企業や零細企業もターゲットになりえます。 ある掲示板の書き込みから端を発し、急速にうわさが広まっていき、風評被害を受けることも・・・。 被害を受けた企業が対策を講じられるならばまだいいのですが、対策ができない、または対策を間違えてしまうと、企業に致命的なダメージが及びかねません。

被害を最小限に食い止めるためには

風評被害や誹謗中傷などへの対応策としては、風評の内容、範囲、状況などを正確に把握すること、それを把握した後でいかに収束に向かわせるか、ということが重要になってきます。 たとえば、匿名の掲示板で誹謗中傷などの書き込みを発見した場合は、書き込みのあった掲示板のURLを記録するとともに、誹謗中傷の書き込み内容を保存しておきましょう。プリントアウトして文書で保存しておくのもいい方法です。 完了したら、誹謗中傷が書き込まれている掲示板の管理者に削除依頼をお願いしましょう。削除依頼を行う手順は掲示板等によって異なります。ほとんどの場合は管理者へのメールアドレスへ削除依頼のメールを送ることになりますが、掲示板によっては削除依頼フォームを入力するところもあるようです。 これ以外にも、掲示板の利用規約のところもあわせて探すのが望ましいでしょう。